ごみの問題と不用品の処分を考える

- 粗大ごみ回収の流れ

粗大ごみ回収の流れ

リサイクルをしたいけど時間的に余裕がない場合などは不要になったものを回収してもらうことになる。間違えて不法投棄にならないように、ここでは行政による粗大ごみ回収の流れを説明する。
・まず収集を希望する場合は電話予約をする
清掃センターやゴミ回収部に連絡をして収集日を決め、品目別の料金を教えてもらう。
・予約が終わったら、粗大ごみ処理券を購入する
区役所などで粗大ごみの処理券を購入する。どこで処理券の取り扱いがあるかは、予約時の電話で確認しておくといい。
・分かりやすい場所に粗大ごみ処理券を貼り、指定場所に出す
粗大ごみ処理券に名前を書いて不用品に貼り、当日指定の時間までに出す。この指定時間も予約の電話時に確認をしておく。
・直接搬入する場合
予約及びシールの購入は不要だが、分別をして搬入する必要がある。大量のごみを搬入する場合は念の為に一度事前に確認をした方がいい。
全国のどこの自治体でも流れはだいたい同じである。予約の電話番号は「自治体名 粗大ごみ収集」と検索をすればでてくる。搬入についても各自治体で受付日や時間が異なるので事前に調べる必要がある。
・注意する事
家電リサイクル法の対象となる品目については(冷蔵庫、テレビ、洗濯機など)は引き受けてもらえない。これらは購入店に問い合わせる必要がある。また、パソコンも処理する事はできないので、製造メーカーに問い合わせる。そして産業廃棄物も収集持ち込み共に不可である。
このように自治体では回収不可の品目も多いので、その場合は民間の回収専門業者に連絡をする。

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »
Copyright(C)2015 ごみの問題と不用品の処分を考える All Rights Reserved.